Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yukashoki/www/wp/wp/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

メンタリスト DaiGo相手の態度を変える方法

maxresdefault 1 2 300x169 - メンタリスト DaiGo相手の態度を変える方法

メンタリスト DaiGo YouTubeにて

質問するだけで、相手の態度を変える方法~

僕らメンタリストがソクラテスストラテジーと呼んでいる方法をご紹介したいと思います。

ソクラテスという方はおそらく皆さんも学校で習ったことがあるくらい有名な哲学者ですが、彼の問答法というのがあって簡単に言うと質問を使って相手を動かしていく技術なのですが、それを利用して相手の心を思い通りに動かす方法をご紹介致します。

皆さんが相手に何かをプレゼンしたり、相手に何かをお願いいしたい時などに、普通に頼んだり意見を言うってすごく大変な事ですよね。相手に否定される場合もあります。

そういうのをすり抜けるのはソクラテスストラテジーという方法です。

これは、自分の質問を言うのではなくて質問の中に紛れ込ませながら言う事によって相手の態度を変えていくっていう技術の事をいいます。

例えばあなたが製品の売り込みをしていたとします。あなたの会社の製品は質は物凄くいいと、そして品質も安定している商品なのですが、他社より若干高いとして、あなたはこれからライバル企業の製品が導入されているクライアントの所に行って、自分の会社の製品をプレゼンしなければいけない状況になったとします。

値段では勝負ができないですから、質が良く安定している事を伝えると思います。そうすると相手からは、予算があるからと言われてしまいます。そうするとこちらとしては言い返せなくなってしまう。

なので、ソクラテスストラテジーを使用して全て質問にしてしまうんですよね。

貴社でそのような製品を導入される際に一番求めるものはなんですか?と聞きます。

そうするとクライアントから、一番重要なのはコスト面だよね。と返ってきたとします。

なるほど確かにコスト面は重要ですよね。という事は品質や安定性は犠牲にされるんですか?と質問をします。

いやいやそりゃ質も大事だよ。って返ってくる訳です。

なので、あぁやはり品質などにも力を入れているんですね。導入されている製品はコストも安い上に品質も安定してるんですか?という質問をします。

いや確かに安いから時々不具合がある製品が出てくるんだよね。と返ってきます。

なので、うちの製品は割高に見えるんですけど品質が安定してるので、返ってコストカットに繋がりますよ。という風な言い方もできるようになります。

つまり、自分が言いたいのはうちの会社の製品は質がいいって事を言いたいのですが、それをダイレクトに言うと跳ね返されてしまうので、そうじゃなく質問に乗せてプレゼンしていく事によって、低コストが一番大事と言っている人に対し、質はやっぱり大事でそれを犠牲にすることはできないという発言を引き出す事ができる。

こうやって相手の態度を変えていくっていうのがソクラテスストラテジーの方法になります。

YouTubeチャンネル↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク