Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yukashoki/www/wp/wp/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

メンタリスト DaiGo選択肢が多いと人間は不幸になる?!

maxresdefault 3 3 300x169 - メンタリスト DaiGo選択肢が多いと人間は不幸になる?!メンタリスト DaiGo YouTubeにて

あることを減らすだけで、幸せになれる心理学的方法とは~

実は選択肢が増えると、人間は不幸になってしまう。選択のパラドックスというお話しをしたいと思います。

これは心理学や行動経済学では有名な話なのですが、選択肢が増えると幸せになるような感覚があると思います。僕も当時はそのような感覚を持ってました。

ところが人間は選択肢が増えてしまうと不幸になるという事が解明されているんです。

選択肢が増えると、迷って思い悩む時間が増えます。更に、迷って思い悩んでから1個選んだらどうなるかというと、選ばなかった選択肢をやはりどこかで後悔してしまうんですよね。ずっと後悔し続ける訳ではないのですが、他を選んでいたらどうなっていたかなと考える時間が少なからずできてしまいます。

このように、選択肢が多いと選ぶまでに悩み、選んでから後悔する時間が選択肢の数に比例して長くなってしまう。

という事で、選択肢が多ければ多いほど人間に不幸をもたらすと言えます。

例えば、イタリアンレストランに行って、前菜が3種類、パスタが5種類の中から選ぶとなった時はポンポンと決めれる事が多いと思います。

ところが、こだわりが強いパスタの専門店があって、パスタが15種類あり、その中から選ぶとなると少し難易度が上がってしまう。

人間には大体3択~5択の選択肢が適正となっていて、それ以上を超えると選べなくなるし、選ぶのにすごくストレスを感じてしまうんです。

では不幸にならないためにどうすれば良いかと言うと、選択の基準を持つ事をオススメしています。選択肢を瞬時に3択~5択に絞れるくらいの自分の中での基準を作る事が大事になります。

僕がやっている方法は、今まで食べたことがないメニューを必ず注文するっていうルールを自分の中で決めているわけです。

そうするとお店に行ってメニューを見ると大体のお店では、瞬時に選択肢を絞れる訳ですよ。更に、第二のルールとして直感的にピンときたものを選ぶようにと自分の中で持っています。

こうすると悩むことなく自動的に注文する事ができますし、前もって決めている自分のルールに従った選択になっていますので、注文した後に後悔する事もないのです。

物を選ぶのに優柔不断になってしまう方や、選んだ後に後悔をしてしまう方は是非こちらの方法をお試し下さい。

このルール作りを行い続けると、どの場面でも迷ったりすることなくスパっと決断できるようになります。

YouTubeチャンネル↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク