Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yukashoki/www/wp/wp/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

パンサー結成までの意外な事実

DnF1VL6UYAAwdCC 300x200 - パンサー結成までの意外な事実

パンサーの成り立ち

パンサー結成までに3人全員が、過去にユニットを組んで解散した経験がある。なお、向井のみ前ユニットもトリオだった。

尾形はピンでの活動経験あり

尾形はかつて、チョッパーMASAと共に、「グレートホーン」というコンビを組んでいた。

解散後からパンサー加入に至るまでは、「サンキュー尾形」としてピンで活動。しかし、ピンがうまくいかず、辞めて地元でラーメン二郎をやろうとまで思っていた。「新宿で菅に偶然会わなければ、今の自分はなかった」と話している。

菅はかつて、同期の畑中しんじろうと共に、「ハイアンドロー」として活動していた。解散後は、同期のジューシーズの単独ライブ程度にしか出演しなかった。

向井はかつて、「ブルースタンダード」というトリオで近藤裕希(バース)、小浜隆次(トンファー)と3人で活動していた。

「パンサー」名づけの親

尾形と向井は、それぞれ解散後、菅と組もうと考えていた。最初は菅と尾形が組むことになったが、向井が「僕も入れてください」と言いパンサーが誕生した。尾形は、「向井を入れなかったら自分がツッコミをやらなければいけなくなっていたのでよかった」と述べている。トリオ名の名付け親はピース・又吉直樹であり、他の候補には「スーパーカブ珍道中」があった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク