Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yukashoki/www/wp/wp/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

樋田淳也容疑者未だ逃走中!!懸賞金200万円

fa945c23 s 300x169 - 樋田淳也容疑者未だ逃走中!!懸賞金200万円

8月12日に樋田淳也容疑者(30)が脱走してから、9月12日で1カ月になるが、いまだ発見逮捕には至っていない。10日朝の時点まで有力な情報もなく、警察の面目丸つぶれの状態である。まもなく逃亡から1カ月が経過するが、逮捕に至らない1番の原因は『初動捜査』にあると言える。

弁護士との接見終了後、脱走に気が付くまで1時間30分以上も要している。普通に歩いていても5~6キロは立ち去っている計算になる。接見室からの逃亡という想定外の事案であり、署内を捜索した後の緊急配備。警察の捜索は後手後手であり、出足で負けていたのである。

逃亡翌日から数日続いたひったくりもパタッとなくなり、必要であった逃亡資金を手にして、今では大阪を離れ、地下に潜り込んでいると思われる。

そんな中、危惧していることが起きた。8月30日深夜に、大阪市港区で「樋田容疑者によく似た男を見た」との通報があった。パトカーが急行すると、急にUターンするなど、交通違反を繰り返すミニバイクを発見。当然のことであるが、パトカーがバイクを追跡した。バイクは信号無視、一方通行を逆走するなど必死の逃走である。そのバイクは盗難車であることも判明し、パトカーは、樋田容疑者ではないかと、さらに追った。

結果的にその逃走者は樋田容疑者ではなく、大阪市西区のバス停にバイクは激突し、乗っていた男子高校生は死亡した。本来ならそこまで無理な追跡はしないはずである。ただ今回は違ったのである。パトカーの勤務員も千載一遇のチャンスと思い、無理をして追い詰めたのだろう。

前歴のある樋田容疑者は、同級生というより、ムショ仲間であったり、不良仲間を頼っている可能性が強いことは、大阪府警の捜査員も口にしている。知人の自転車に「置き手紙」のメモがあったことが最近報じられたが、警察のことを=『敵』と表現している。地下に潜ってしまったら逮捕も簡単ではない。樋田容疑者自身が自ら出てこないと逮捕も厳しくなってしまうことが予想される。【出典 livedoorNEWS

府警は11日、府警OBが出資する私的懸賞金制度を開始すると発表した。逮捕につながる有力な情報に支払われ、上限は総額で200万円。府警は近くホームページやポスターで知らせる。【出典 ヤフーニュース

ネットからの声

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク