Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yukashoki/www/wp/wp/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

大阪・警官発砲 事件の詳細と市民からの反響

evt18091212570030 p2 300x188 - 大阪・警官発砲 事件の詳細と市民からの反響

警察官が発砲したとみられる現場。規制線が張られていた=12日午前、大阪市生野区

暴走車に警官7発発砲=運転の男に命中、重傷―大阪府警

12日午前3時10分ごろ、大阪市生野区巽西の路上で、職務質問を振り切り、パトカーにぶつけるなどした不審車両2台に警察官が計7発発砲した。

うち2発が運転していた男の肩などに当たり、男は殺人未遂容疑などで大阪府警生野署に現行犯逮捕された。重傷だが命に別条はないという。40代くらいで身元を調べている。もう1台の運転手は逃走しており、行方を追っている。

同署によると、停車中の不審な車に職務質問しようとしたところ逃走したため、巡回中のパトカーが追跡。途中で逮捕された男が運転する別の車が割り込み、妨害してきた。2台は袋小路に追い込まれた後、バックでパトカーにぶつけて逃げようとし、降車していた警察官にも向かってきたため、警告の上発砲した。

逮捕された男の車に巡査部長(27)が2発撃ち、肩と左足に命中。もう1台には巡査長(27)が5発発砲した。この車に乗っていた20代前後の男は徒歩で逃走したという。弾が当たったかは不明。パトカーは大きく壊れ、巡査長も負傷した。 【出典 時事通信社 ヤフーニュース

大阪・生野不審車発砲 未明の住宅街にドーンという音、警官の怒号、発砲音…住民「震えが止まらない」

未明の住宅街にサイレンが鳴り響き、警察官の叫び声に続いてパン、パン、パンと、繰り返し銃声が響いた。大阪市生野区で12日未明、不審な乗用車がパトカーに何度も体当たりした事件。異様な光景を目撃した周辺の住民らは「怖くてたまらない」と声を震わせた。

現場は大阪メトロ千日前線南巽駅から北西約1キロの住宅街で、周囲には小学校や老人福祉施設が点在している。

現場の袋小路に2台の不審車両が逃げ込んだのは午前3時10分ごろ。退路を断つ形で、最後尾にパトカーが停車した。

「ドーンという大きな音で目が覚めた。最初は酔っ払いのけんかかと思った」と話すのは、住民の男性(76)。通りを見ると、先頭の白い車が前進しては猛然とバックして黒い車に何度も衝突。黒い車はその弾みでパトカーにぶつかっていた。

そのうち警察官がパトカーを降り、白い車の運転席に向かって「止まれ!」と叫びながら発砲した。何度も体当たりされたパトカーの後部は、男性の自宅1階のガレージのシャッターにめり込んだ。

間に挟まれた黒い車からは男が走って逃げたが、警察官がその場で取り押さえた。目撃した女性(72)は「5、6人の警察官が男を地面に押さえ込んでいた。男は暴れながらうめき声を上げており、怖くて震えが止まらなかった」と話した。

発砲された先頭の白い車の男は、すきを見て逃走。フェンスをよじのぼって逃げたという。近所の男性(80)は「警察官の『あっちに逃げた』という大きな声が聞こえた」と語った。

逃走したのは若い男で、8月12日に大阪府警富田林署から逃走した樋田淳也容疑者(30)ではないという。追跡が適正だったかについて、府警生野署の近藤亮治副署長は「詳細は現在調査中」とコメントした。【出典 産経新聞 ヤフーニュース

追跡パトカーに別の車が体当たり 警察官が7発発砲(18/09/12)

ネットからの反響

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク